カフェインを頭に塗って髪が増える!!カフェイン発毛法・・・

今の時代は、髪の悩みを抱えている人が多くなっています。その中でカフェインには育毛を促進する作用があると耳にしましたが、カフェインで育毛を促進する事は本当にできるのでしょうか。また、どんな関係があるのでしょうか。

薄毛の仕組みに対する研究は進んでいて、そのメカニズムに即した理論から具体的に効果のある成分やケア方法などがあります。その中で、カフェインと育毛に関して様々な話が出ています。

カフェインは、コーヒーや緑茶、紅茶などに多く含まれている成分で、覚醒作用のある物質としてしられています。例を挙げると眠気覚ましにコーヒーを飲んだり、栄養ドリンクなどを飲んだりしますが、カフェインが主成分と配合されていることで、効果が現れると言われています。

カフェインは脳内物質に働きかける作用があり、同時に血管を収縮する作用を持っていて、このような効能に育毛へと関係していると言われています。実際にカフェインは育毛に効くという声もありますし、逆効果と
いう声もあります。

カフェインの効果としては、男性ホルモンのテストステロンを抑制する事が出来て、薄毛の一因は男性ホルモンということで、カフェインが育毛に効くと言われています。発毛を促進すると言われている、アデノシンの働きも抑制する作用があり、発毛を抑えるという話も同時に存在しています。

カフェインが発毛を促進すると言われている理由としては、カフェインには毛髪の育成に効果があると言われている男性ホルモンのテストステロンを抑制する作用があるためです。

薄毛の原因としてテストステロンが5αリダクターゼという物質に変換されることが分かっていて、テストステロンを抑制する事により薄毛のリスクを減らす事ができるという事に繋がります。

また、育毛とカフェインの関係については、発毛を阻害するという声もありますが、アデノシンの抑制です。カフェインがもたらす作用の代表となっているのは、覚醒作用ですが、神経の鎮静を担うアデノシンが減少する事により、神経の興奮がもたされます。

実際にカフェインに覚醒作用が認められることで、問題となっているのは、アデノシンが発毛を促進させる物質という事です。発毛に悪いと言われていますが、物質を抑制するカフェインの特徴としては、血流への影響という点があります。

血管を拡張するという話と収縮するという事が両方で存在しています。また、、カフェインは良いという事もあり、1日数杯程度の摂取は効果を期待する事が出来ますが、育毛の悩みを抱えている人は、何よりも沢山の量を飲んですぐに効果が出ると勘違いしている人も多いようです。

実際に、カフェインは良い効果もあれば悪い効果もあると言われているので、カフェインを摂取する量についてはしっかり自分で適量と決めるようにしましょう。たくさんの量を飲んでも逆効果となってしまいますので、きちんと量を考えて摂取する必要があります。

薄毛の悩みを抱えている人は、良いという事はすべて試したいと考えている人も多いと思いますが、その中でもカフェインは飲むのではなく、髪の毛に塗布する事により育毛効果を期待する事が出来ると言われています。

実際に多くの方が、カフェインを摂取する方向で考えると思いますが、最近では、カフェイン配合シャンプーなども販売されていますので、頭皮に振りかけて育毛効果を期待する事も考えてみるようにしましょう。

髪の悩みを抱えている人が多くなっている今の時代では、様々な事が良いという事で実際に自分で試してみるという人も多いと思います。しかし、薄毛や抜け毛の悩みに関しては、何よりも個人により原因が違ってきますので、自分の薄毛の原因をしっかり把握していく事が一番重要になってきます。

違った原因で改善を目指しても同じような効果を期待することはできませんし、逆効果となってしまう可能性もありますので、その辺をきちんと考えて自分に合った対策や改善方法をきちんと見極めることが大切になってきます。

悩みを抱えている人にとっは、1日も早く改善したいという気持ちで、たくさん摂取することにより、効果を期待する事が出来ると思っている人も多いのですが、それが逆効果に繋がってしまうので、きちんと正しい方法で育毛を目指していく必要があります。