超狭帯域LED光が髪を増やす!LED光と発毛

超狭帯域LED光が髪を増やすと言われていますが、どんな効果を期待する事が出来るのでしょうか。実際に赤色LEDを男性モニター患者10人に頭皮に20分間、週に1回~3回で3ヶ月~8ヶ月行って結果、有効率が100%となりました。

ほとんどに人に効果が出て、抜け毛の減少についてもきちんと確認されています。超狭帯域の赤色LEDは、毛乳頭細胞を活性化させているのかという質問に対してはまだはっきりしていないようですが、すべての細胞を活性化させることが出来るという可能性があると言われています。

青色ダイオードは雑菌効果があり、顔の皮膚に当てることによりニキビの原因となっているアクネ菌を雑菌してニキビを治療する効果があるという事が分かっています。赤色LEDにも細胞のミトコンドリアなどに作用して、細胞を活性化させたり、異物や老廃物を処理する貧食細胞の活動も活性化させることで、炎症を抑えたり、皮膚の老化を改善する作用のあることが科学的に確認されています。

新陳代謝を良くすることが出来て、血行障害を改善する事が出来ることで、ニキビの跡を改善したり、細かいシワを除いたり、肌に張りを取り戻したり、肌のコラーゲン細胞を活性化して老化やシミやしわを除去したり、毛穴の開きなどを改善する事ができるという事で美容サロンなどでも使われるようになりました。

赤色LEDには発毛効果を期待する事が出来るという事が分かってきましたが、青色の光は皮膚の表面に近いところまでしか届きません。また緑色は浅いところまでとなっていますが、赤色が一番身体の深くまで届くと言われています。

実際にマウスを使った実験も行っていて、ヘアサイクルが休止期に入っている複数のマウスの毛を剃って、LED光を照射するグループと照射しないグループで実験を行っています。

赤色LEDに効果があれば、休止期から成長期への誘導が遅くなり、早い段階で毛が生えてくると言われています。実際に効果は期待できて、LEDをあてると黒い部分が増えてきたと言われています。

発毛に及ぼす赤色LEDのメカニズムを調べると、培養した人の毛乳頭細胞に赤色LEDを当てて毛乳頭細部を測定すると因子が増減しているという事が確認できたと言われています。その結果、毛乳頭細胞の発毛増殖因子の分泌を刺激して毛髪の成長を促進しているという結果が出ています。

実際に今の時代は、薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人が多くなっていますが、超狭帯域LED光が髪を増やすことが出来るという事が確実になった場合には、悩みを改善に導く事が出来る道も近くなると思います。